オーダーメイド医療

オーダーメイド医療

オーダーメイド医療では、分子生物学やシステム生物学的な検査データをもとに患者個々の特徴を特定します。これにより、従来の診断の限界を克服し、疾患の原因メカニズムを共有する患者群の特定が可能になります。

 

オーダーメイド医療による治療法では、疾患のみならず、患者の遺伝情報も判断基準となります。遺伝子 が薬効に及ぼす影響を重要視し、遺伝子分析によるデータを、臨床上の重要な判断の根拠とします。疾患の発症および経過は、遺伝的要素と外的要因の相互作用により決定されるからです。これらの事実はすべて、バイオマーカーの開発におけるシステム生物学的アプローチに反映されています。

オーダーメイド医療によって、患者それぞれの、個々の診断と、特定の効果を発揮する抗うつ剤の効果的な適用が可能になります。その結果、早期に効果が得られ、副作用も減少できるため、治療成果は向上します。将来的には、治療に要する期間が短縮され、コストも削減されるため、ヘルスケアシステム全体にかかる負担を大幅に軽減することも可能となります。